耐 震・制 震・免 震 の 違 い

建物が地震力によって変形、変位する部分で地震力を吸収し、揺れを小さくします。

1階部分は効果がありません。

​揺 れ の 軽 減 率

20 % ~ 50 %

​地震力で壊れない強さにつくる方法です。室内での負傷者は多いです。大地震では壊れても、人が避難できる程度の強さです。二次災害の恐れがあります。

​揺 れ の 軽 減 率

0 %

様々な装置で地震の力が建物に伝わりにくくします。建物の揺れが小さくなり、室内に居ても安全です。一般に建築費は高額ですが、SP免震基礎工法なら、安価に施工する事ができます。

揺 れ の 軽 減 率

85 % ~ 90 %

耐 震

制 震

免 震

​\ 免震装置のない免震基礎工法 /

​\ 傾いてしまった家も直せる /

全8ページ とっても分かりやすいSP免震工法についての漫画です。ぜひお読みください !!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

1/8

​へ

​進

​前

​へ

​戻