​G P エ コ シ ス テ ム

GPエコシステム

~ bDパイルを使う浅部地中熱冷暖房・給湯・融雪システム ~

 地中熱は最も安定した再生可能エネルギーです。地面から少し深いところの温度は、一年を通して安定しており 、自然の熱エネルギーの貯蔵庫ともいえる熱源です。この熱を、建物を支えるbDパイルから効率的に一年中利用するのが、 地中熱冷暖房システムです。
 

 冷房・暖房・給湯・融雪が地中熱ヒートポンプを使い効率的に行えます。ボアホールの掘削費用が不要で低コストで浅部地中熱利用ができます。

 
bDパイルの特性を生かした、本当にECOな家づくりです。

最も安定した再生可能エネルギー、地中熱利用が、bDパイルを活用することで経済的になりました。

・ 深さ100mの熱交換井はいりません。

・ 深さ20m以下のbDパイルから、効率的に地中熱利用が出来ることは、実証されました。

  ( 文部科学省・NEDO・福島県より日大と共同研究受託 )

 

・ 空気熱源ヒートポンプより安定して効率的

 

・ CO2を出さず、ヒートアイランドの心配もなく環境に優しい設備です。

地中温度は10m以深では通年ほぼ15°Cで一定しており、安定したエネルギー源となります。

※東北のある都市の場合(地域により異なります)

浅部地中熱利用のメリット(免震効果のある銅管杭基礎を活用した採熱)

1. 熱鋼管井堀削が不要

2. 熱交換井新設でも低価格

3. 低価格ヒートポンプが利用可能

4. 熱交換井群とヒートポンプの最適運用が可能

​5. 給湯をはじめ、消雪、融雪への機能拡張が容易